お金を貯める方法として簡単な積立

お金の価値と信用の関係

お金はどうしてお金として機能しているかというと、昔のように金本位制ではないので、金にすべてが替えられるわけではないということになります。そうするとあとは国の信用で価値が出ているということになりますが、将来日本というの信用が崩壊したらば円という通貨も価値が相当下がるということになります。お金というものはこのように不思議なものになっているということで、昔のように金本位制のほうがわかりやすいということになります。また今ではクレジットカードやビール券などの金券などもたくさんあり、まるで貨幣と同じように流通していて、それがまるで貨幣のかわりのように利用できるようになっています。

その他電子マネーなどもたくさん生まれているということもあり、ますます複雑になっているということになります。今はリスク回避での日本円への資金の移動などもありますが、これだけ財政赤字があるのに、安全な通貨ということでリスクヘッジに使われるというのも面白いということにもなります。すべては信用ということが裏付けになっているということでも、その信用に疑問がもたれた時には、経済的な痛手も大きくなるということになります。そのような時がこないことを祈るばかりです。